健康な食べ物キャンペーン

健康な食べ物の重要性を知らせ、正しい食習慣を指導します。

子供の頃の味覚は、生涯の健康につながります。プルムウォンは健康な食べ物を作る事と同じくらい健康な食べ物の重要性を広め、正しい食習慣を教育することが食品会社の重要な社会的責任と考えています。
2010年小学生を対象に行った、食品表示の教育から始まった健康な食べ物キャンペーンは、今は親と教師達の全面的な支持を受け、未就学児、小学生、大人の教育にまで拡大されています。また、2015年からは'健康に良い物が環境にも良い'というプルムウォンのロハス的価値が込められたロハス食生活教育が加わり、健康的な食文化の拡散に寄与しています。
健康な食べ物の児童教育

健康な食べ物に我々の子供たちの未来があります。

健康な食べ物専門教育講師である'フーデュケーター(food+educator)'が幼稚園や小学校、児童センターを訪れ、食品表示を確認する教育、栄養バランス教育、味覚教育を実施します。栄養バランス教育と食品表示確認教育は、加工食品の包装紙に書いてある多様な情報をみて、食べ物を選択する習慣を育てます。味覚教育は五感を生かした直接体験を通じ、新しい食べ物についての好奇心を掻き立てて、健康な食べ物により親近感を持たせることを教えています。

“自然の味、健康な食べ物~”で始まる健康な食べ物ソングとリズム体操は子供たちがもっと簡単で楽しく、健康で正しい食習慣を身につけるように作られた教育カリキュラムの一つです。健康な食べ物ソングは簡単なメロディーと軽やかなリズム、教育的ではあるが可愛い歌詞で、健康な食べ物リズム体操は健康な食べ物ソングに合わせお腹やお尻をたたいたり、腕を伸ばすなど、子供たちの気持ちを盛り上げて、消化と成長に役立てる楽しい動作で構成されており、大人気です。

プルムウォンは去る2010年から2,200回にわたって幼稚園児(約4~5歳)と小学生5万人あまりに、健康な食べ物教育を実施しており、2020年まで約10万人の教育を目標とし、汎社会的な運動として拡大していく計画です。

ロハス食生活教育

健康に良い物は環境にも良いことを教えてくれるロハス食生活教育は生徒の父母と低所得層のお子様を対象にします。ロハス食生活教育は新鮮な野菜、飽和脂肪の少ない蛋白質、粗引き穀物を2:1:1の割合で食べるという栄養教育です。その中で、生徒の父母対象には自宅でも簡単に実践できる'ジーエル・ダイエット(GL Diet、糖の吸収を減らす食生活)'教育を行っており、バランスの取れた食事をすることが難しく、加工食品に偏りがちな低所得層の子供たちのためには'ロハス食生活2:1:1'教育を実施しています。また、地域児童センターに 'ロハスプレート(栄養のバランス食品トレー)'を支給して、バランスの取れた食習慣を身につけるように指導しています。
オンラインでの健康な食べ物教育
健康な食べ物教育はオンラインでもできます。子供たちと一緒に笑いながら見ていると、いつの間にか健康な食べ物と正しい食習慣が身につけられます。
  • EBSeと共同で運営している<健康な食べ物の英語クッキングクラス>

  • 健康な食べ物ソング

Naver、ディズニー、キッザニアも一緒にやっています
健康な食べ物の重要性と正しい食習慣を教えてくれる健康な食べ物キャンペーンは多様な機関、団体と一緒に実施しています。ディズニー·チャネルとは健康な食べ物のリズム体操を一緒に開発し、Naverではお子様の正しい食習慣を映像で見られる健康な食べ物館を運営しています。MBCのお子様職業体験館キッザニアとは健康な食べ物の教育専門家であるフーデュケーターを体験できる'健康な食べ物スクール'を一緒に運営しています。カートーン·ネットワークの人気漫画キャラクターのフィンとジェイクが登場する健康な食べ物運動アニメーションは日本語、中国語、英語バージョンで作られ、国際的に広まっています。カートゥーン·ネットワークの愛らしい熊の兄弟'ウィベアベアース'も211食事ソングで子供たちに会いに行きます。
  • カートゥーン·ネットワークと一緒やっている<ウィベアベアースのバランス良い211食事ソング>

  • カートゥーン·ネットワークと一緒にしよう、<フィンとジェイクの健康な食べ物運動>